油断してはいけない中心性漿液性脈絡網膜症

ある時、片目だけ視力が低下したことに気付く。
パソコンを眺めていると、なんとなく画面が見にくいような、少し暗いような。
そして、片方ずつ目を閉じて確認すると、一方の目だけに中央部に暗い部分があることに気付く。
特段見えなくなっているわけではないが、視野がやや暗く見え、視力も少々低下している感じがする。
慌てて医者に行くと、中心性漿液性脈絡網膜症と診断され、放っておけば治ると言われ、安心して帰路につく。
通常であれば医者の言う通り、放って置くだけで治る。

 

中心性漿液性脈絡網膜症を悪化させない方法。休養とサプリメントで
しかしながら、そこから更に体を酷使したり、ストレスが強い環境を継続すると、中心性漿液性脈絡網膜症は治るどころか、どんどん悪化してしまうので注意が必要です。
中心性漿液性脈絡網膜症と診断されたら、思い切って早く寝る、飲酒を避ける、暴飲暴食を避けるなどして、健康に努めたい。
しっかり心と体をリフレッシュすれば、放って置くだけで改善する目の病気です。
中心性漿液性脈絡網膜症(中心性網膜症)再発予防サプリメント
体全体の状況が目に症状に反映されるとも言います。
ムダに目を悪化させないよう、自分の体を大切に。